医療機関で脱毛を行う場合、その方法は大きく分けて2つに分類されます。
1つは電気針を用いる方法、そしてもう1つはレーザー治療です。


電気針脱毛とは、弱い電気を流した針を毛根に刺して、毛の発生源を破壊する方法です。どんな毛質でも確実に処理でき、レーザーでは難しい部位でも行えるのが、この方法の強みです。

ただし、この方法は電気を通した針が皮膚に直接接触してしまう事から、痛みが強かったり、火傷や色素沈着を起こしやすいという欠点がありました。

この欠点を解消するべく最近では、皮膚に接する部分に特殊な絶縁処理を施した絶縁針を使った治療が行われるようになっています。この絶縁針によって、電流で皮膚を痛める事はなくなりました。


また、無痛処置や冷却処置を施す事により、痛みの心配もなくなっています。

脱毛 梅田のサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

医療レーザー脱毛は、毛根にあるメラニン色素に反応するレーザーを照射して、毛母細胞をレーザーの熱で破壊する方法です。
この方法は広範囲の処理を短時間で済ます事ができ、肌に優しく、痛みも少ないです。

副作用の心配をする声もありますが、レーザーの光が血管や内臓に届く事は無く、皮膚がんの原因となる紫外線は使われていない為、副作用の心配は要らないといって良いでしょう。


ただし、治療後一週間ほどは日焼けしないように、直射日光を浴びない注意をする事が必要となります。脱毛は立派な医療行為です。

まずはお医者さんに相談して、自分にあった脱毛方法を選びましょう。